コンクールのあゆみ

1959年に誕生し、それまでの楽器の音色や音域をはるかに超えた豊かな表現力を持つ鍵盤楽器として広く世界の音楽愛好家に支持されているエレクトーン。そのエレクトーンによって音楽の世界を自由に表現する場として、エレクトーンコンクールが開催されています。
エレクトーンコンクールは1964年に始まって以来、様々な形態・部門で開催され、既に50年以上の歴史を重ねています。
2015年からは、中学生以下の子どもたちのエレクトーン演奏力、音楽力向上を目指した「ジュニアエレクトーンコンクール(JEC)」と、満15歳以上を対象にエレクトーン演奏を通して多くの聴衆に感動を与えられる演奏家の輩出を目的に展開する「ヤマハエレクトーンコンクール(YEC)」を開催し、各方面から高い注目を浴びています。

エレクトーンコンクール 1964~1966年 シニア/ジュニア/作曲 部門 エレクトーンコンクール〈全日本〉 エレクトーンフェスティバル 1967~1970年 シニア/ジュニア 部門 インターナショナルエレクトーンコンクール 1971年 シニア/ジュニア 部門 インターナショナルエレクトーンフェスティバル 1972年~シニア部門のみ 1988~1989年 プラスワンアンサンブル部門を実施 エレクトーンコンクール〈全日本〉1990年~1992年 オリジナル部門を実施 ※1995年はインターナショナルユースエレクトーンフェスティバルを開催 インターナショナルエレクトーンコンクール 1997年~ ポピュラー部門/クラシック部門 2000年~ A部門/B部門 隔年開催開始 ジュニアエレクトーンフェスティバル ジュニアエレクトーンコンクール YECスタート ※2005年~2007年エイジグループⅠ(12歳以下)、エイジグループⅡ(15歳以下)、オープンエイジ(年齢制限なし)の3つのグループで開催 ※2008年~オープンエイジに統合 ※2013年~ 部門制を廃止 ※満15才以上を対象 JEF ※小学生低学年部門、小学生高学年部門、中学生部門、高校生部門の4つの部門で開催 ※2011年~海外エントリーを加えたグランドファイナルを開催 JECスタート ※小学生低学年部門、小学生高学年部門、中学生部門、3つの部門で開催 エレクトーンコンクール(国内) インターナショナルエレクトーンコンクール ジュニアエレクトーンコンクール ヤマハエレクトーンコンクール(YEC) ジュニアエレクトーンフェスティバル(JEF) ジュニアエレクトーンコンクール(JEC)

イベントヒストリー

ページトップ

コンクールのあゆみ

  • ヤマハエレクトーンコンクール2017