キーワード検索

アーティスト

YMF ELECTONE LIVE

Live shot collection

縲鰀 Electone Playerによる 縲鰀 音楽制作

お問い合わせ

メニューを閉じる

Yamaha Electone Player Official Website

ホーム > Electone Player Official Website > 渡辺睦樹 (Mutsuki Watanabe) > Profile & Biography

渡辺睦樹 (Mutsuki Watanabe)

プロフィール

5歳よりエレクトーンを始める。
6歳より「ヤマハジュニアオリジナルコンサート」に参加、国内外数多くのコンサートに出演。
名古屋大学在学中に日本代表として出場した「インターナショナルエレクトーンフェスティバル’88(パリ)」で最優秀賞を受賞。
以降、本格的な演奏活動を開始。1992年名古屋、1994年名古屋・金沢にてリサイタルを開催。
1995年には東京室内歌劇場公演<戦後50年記念>オペラ「ヒロシマのオルフェ」(指揮:若杉弘、作曲: 芥川也寸志)にて演奏を担当。
1995年~1998年渡独、ハンブルク音楽院、ハンブルク音楽大学にて、作曲理論、ピアノ、声楽伴奏を学ぶ。
1999年 帰国、全国7都市でリサイタルを開催。同年「エレクトーン誕生40周年記念galaコンサート」出演(全国10会場)。2000年には電子オルガン界から初めて東京オペラシティ・リサイタルシリーズ『B→C』に出演。バッハからコンテンポラリーまで幅広い作品に挑んだ意欲的なプログラムと熱演が好評を博す。
2002年台湾にてコンサート(3会場)、及び講座を行う。
2005年愛知万博「世界のプリマ―草刈民代『愛と祈り』を舞う星降る夜のパ・ド・ドゥ」にてバイオリンの礒絵里子氏とともに演奏を担当。
2008年「春夏秋冬 -LE STAGIONI-」リサイタル・ツアー(東京・名古屋・大阪)。
2010年より「朝岡聡の《オペラは恋の処方箋》」シリーズに出演、2012年のVol.3も好評を博す。
2011年の銀座ヤマハホールを皮切りに、人気ピアニスト三浦友理枝とピアノ協奏曲の共演を含んだコンサートプログラムも展開し、本格的で豊かなクラシックサウンドを披露している。
2013年中国北京で行われた中央音楽学院主催「北京国際オルガン・電子オルガンフォーラム」にパネリストとして出席、中央音楽学院の学生を対象としたマスタークラスでの指導、ソロコンサートでの演奏も、高く評価される。
2013年ヤマハ銀座スタジオにてヴォーカリスト鈴木重子とのコラボレーションを行う。
2014年銀座ヤマハホールで行われたイタリアのマリーナ・コンパラート(メッゾ・ソプラノ)を迎えたオペラコンサートに出演し、見事な演奏を披露した。

2002年2月ビクターエンタテインメントよりデビューアルバム「トロイメライ」発売後、現在までにアルバム5枚をリリース。最新作は、2008年10月にリリースした「春夏秋冬 -LE STAGIONI-」。

2012年に発刊した「エレクトーン・ブルクミュラー25の練習曲」を題材にした曲集講座はわかりやすい解説で各地で好評を博している。

確かな音楽性に支えられた演奏表現力と豊かな感性による作品解釈は、常に高い評価を得ており、名実ともにクラシック演奏第一人者として活躍中。

ページの先頭へ

Copyright © YAMAHA MUSIC FOUNDATION. All rights reserved.
本ホームページの無断複製・転載を禁じます。