音楽能力検定制度 試験内容

エレクトーン

指導

管楽器(FL・SAX・TP・CL)

クラシック・ギター

ドラム

各グレードの特徴

2級 主な対象者:演奏家や、演奏家を目指す方

より高い演奏力を目指します。

5〜3級 主な対象者:音楽の指導者・専門家や、それらを目指す方

演奏グレードと指導グレードがあります。
プロフェッショナルとしての専門的な音楽知識・能力取得を目指します。

10〜6級 主な対象者:音楽を学んでいる方や、趣味で楽しんでいる方

学習成果と目標を、段階的に確認し学習意欲向上へとつなげていきます。

13〜11級 主な対象者:鍵盤初期学習者の方

日頃のレッスンの延長として、各テキストを修了した時点で、学んだこと、身についたことを確認し、次のステップへの意識を高めていきます。

音楽基礎グレード 対象者:ヤマハ音楽教室幼児科在籍生

日頃のレッスンの延長として、2年間の学習成果の確認と、今後の指針を個々に確認します。

  • 1級は現在試験を設けておりません。