音楽能力検定制度 クラシック・ギター演奏グレード 試験案内10〜6級

受験資格

年齢、学歴、国籍等の制限はありません。

試験内容

1. 課題曲

指定された曲目(要項に掲載)から試験官の指示によってその中の1、2曲をソロまたは試験官とのアンサンブルで演奏します。

2. 自由曲

受験者は各級とも課題曲と同程度の曲を、下記の曲数用意します。

  自由曲
10、9級 2
8〜6級 3

試験当日試験官の指示によってその中より、1曲またはそれ以上演奏します。自由曲の中に自分で作曲・編曲した曲を加えることも可能です。ただし、加えてよい曲数は1曲とし、試験当日試験官に楽譜の提出が必要です。詳しくは要項をご参照ください。

3. 初見演奏

課題は当日、試験室にて与えられます。試験官の指示に従って約30秒予見の後ソロで演奏します。

4. 伴奏づけ

課題は当日、試験会場にて与えられます。各課題につけられた伴奏パターンを参考にし課題につけられたコードの指示(on Bassも含む)に従い、試験官の弾くメロディーに合わせて伴奏部分を演奏していただきます。

ページの先頭へ

審査・講評

ヤマハ音楽振興会が認定した、2名の試験官が試験を実施します。当日は、試験官が手順についての指示を行い、試験終了後、一人ひとりに講評を行います。

ページの先頭へ

結果通知

試験の結果は、実施後1ヶ月ぐらいまでにヤマハ音楽振興会から、試験会場あるいは担当の先生を通してご通知いたします

  • 結果通知の郵送を希望される場合は、申し込み時に郵送料を添えてお申し込みください。

ページの先頭へ

受験要項

試験内容及び申込方法などの詳しい内容については、要項をご参照ください。お近くのヤマハのお店にてお求めになれます。

クラシック・ギター演奏グレード10〜6級「受験要項」(課題曲付)
定価 本体1,200円+税

ページの先頭へ

試験当日

お申し込みをされると追って試験会場より試験当日のご案内をいたします。試験時間は15〜20分程度です。