音楽能力検定制度 ピアノ演奏グレード 試験案内2級

受験資格

  • 演奏グレード3級を取得されている方
  • 演奏グレード3級と同程度の音楽力のある方

試験内容

1. 楽曲演奏 計6曲

自由曲 5曲

ピアノ独奏曲を5曲ご用意ください。5曲のうち4曲は、以下に示すA〜Dの4つの群の条件に当てはまる曲を1曲ずつ選曲し、自由選択としてあと1曲同程度の曲を用意してください。

A群(バロック) J.S.バッハ、F.ヘンデル、D.スカルラッティ等と同時代、もしくはそれ以前の時代に属する作曲家の作品。
B群(古典) J.ハイドン、W.A.モーツァルト、ベートーヴェン、及びこれらと同時代の作曲家の作品。
C群(ロマン) シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、ショパン、リスト、ブラームス、及びこれらと同時代の作曲家の作品。
D群(近現代) ドビュッシー、ラヴェル、バルトーク、プロコフィエフ、スクリャービン等と同時代、もしくはそれ以降の時代に属する作曲家の作品。邦人作品も可。
自由選択 1曲

ご注意

以上いずれも、ソナタ、変奏曲、組曲、小品集など複数の楽曲からできている曲はその中から抜粋して演奏することができますが、曲名欄には何を選んだのか分かるように記入してください。ただし、J.S.バッハの「平均律クラヴィーア曲集」第一巻、第二巻はプレリュードとフーガの両方で1曲とします。
純粋にメカニズムのための練習曲や、初歩の学習者のために書かれた作品は、自由曲として選曲できません。

自作曲 1曲

自分で作曲した作品を1曲ご用意ください。曲のスタイル、規模などは自由ですが、2級の演奏曲としてのレベルを考慮してください。
また、ごく簡単な民謡、わらべうた等をオリジナリティーのある編曲にしたものは自作曲とすることができます。
例:「ロンドン橋変奏曲」「さくらさくら、によるパラフレーズ」

楽譜の提出について

  • 自作曲の楽譜を申し込み時に提出してください。
  • コピーでも結構です。全ページに氏名を記入し、サイズはできるだけB4横でお願いします。
  • 提出いただいた楽譜の返却はいたしません。
  • 上記6曲の演奏時間が、休憩を含めて40分以内におさまるよう選曲してください。
    (曲間に3分間の休憩を1回取ることができます)

2. 即興演奏

  • 4~5個の音から成る音列が3通り提示され、そのうちの1つを選び、テーマを作って即興演奏します。
  • 演奏スタイルは自由ですが、5分程度の曲にまとめてください。
  • 課題は試験開始前に別室で15分間の予見、及び試弾をすることができます。
  • 五線紙にメモをとり、そのメモを試験会場に持ち込むことができます(試験終了後回収します)。

課題例

ページの先頭へ

結果通知

ご本人宛に受験日より10日後位までにお送りします。

ページの先頭へ

受験要項

下記よりダウンロードしてください。

ページの先頭へ

スケジュール

申込期間内に先着順でお申し込みを受け付けます。定員に達した場合、期間終了前にお申し込みを締め切らせて頂くことがあります。あらかじめご了承ください。

日程 申込期間
2017年7月 22日(土)23日(日) 2017年6月1日~6月7日
2017年11月 11日(土)12日(日) 2017年9月22日~9月28日
  • お申し込み方法の詳細は「申し込み方法」のページをご確認ください。

ページの先頭へ

会場

ヤマハ音楽振興会 スペースM(東京都目黒区下目黒3-24-22)