Junior Electone Concours

ジュニアエレクトーンコンクール2016 ファイナル

JEC 2016 ファイナル 審査員コメント
JEC 2016 Finals   Comments from the Judge

(アレンジについて)

  • 4~5分と時間が限られている中で大きい編成の曲を演奏する場合、アレンジの中でどこを一番聴かせたいのか考えて欲しい。全部を詰め込まず、自分がまずここを聴いて欲しいというところから段々膨らませていくようにするとアレンジはうまくいくと思う。
  • まずスコアリーディングをしてからアレンジに取り掛かって欲しい。どの声部が一番大切か、どこを取り上げればよいかがわかると思う。

(演奏について)

  • ブレスを意識しながらメロディーを弾くと、メロディーが自然につながったり音楽的にエモーショナルな演奏ができるようになると思う。
  • 音符の数が多かったり、音の組合され方が複雑になればなるほど、それを聴衆に伝えることが難しくなってくるということを強く感じた。いろいろなものに挑戦しようという気持ちはとても大切だが、こんな難しい曲が弾けたという自己完結だけでなく、その音符で自分は何を伝えたいのか、あるいは作曲家がどういう意図でそれを書いているのか、どんな細かい瞬間の響きも無駄にしないようなアプローチがあるともっと聴衆の心に響く演奏に仕上がると思う。
  • 鍵盤楽器のテクニックとして、音を出すタイミングや切るタイミングなどさらに意識してこだわって欲しい。

(課題曲について)

  • 課題曲はいろいろなスタイルで演奏できる可能性がある。もっともっといろいろなジャンルで演奏する可能性を追求して欲しい。エレクトーンをもっと楽しんで欲しい。
  • オーケストレーションをした場合、音色の数が増え編成の規模が大きくなると表現の幅も広がるが、それぞれの音色が出てくる時の表現方法に十分に気が回っていないと感じられる演奏もあった。ストリングスの音色の混ぜ方の割合や、タッチによる音色の反応の仕方にまでこだわるとさらに良い演奏になると思う。
  • 自由曲で自分の魅力が伝えきれない部分を課題曲でしっかりと発揮できていた人もいた。

(その他)

  • 選考会から短い期間で非常にレベルアップした演奏が多かった。
  • 今日出場した仲間の演奏で自分の心に響いた演奏は何曲位あったか?人の演奏を聴く時、コンサートなどを聴く時などにそういった視点で聴いてみて欲しい。

(Arrangements)

  • The thing to consider when performing a wide range of musical pieces within a limited time frame of 4-5 minutes is the section you wish the audience to listen to the most. Rather than attempting to include everything you want to express, it is often best to start by working on the particular section you wish people to hear, and gradually expand from there.
  • It is recommended that you begin with score reading before you begin arranging. This makes it easier to understand which part is important and which section should be focused on.

(Performances)

  • Melodies can naturally flow, and musical emotions are infused in performances by emphasizing being conscious of one’s breathing when playing melodies.
  • The more notes there are, or the more complex the combination of sounds become, the harder it is to communicate such aspects to the audience. While it is necessary to challenge yourself in various ways, it is important to not fall into the trap of self-satisfaction that comes from being able to perform highly complicated pieces. In order to move the audience, it is essential that you try to understand what kind of tune you wish to convey, as well as the intentions of the composer, all while you pay attention to every small tune the piece has.
  • Another important technique for playing keyboard instruments is the timing of playing and the ending notes.

(Compulsory pieces)

  • Compulsory pieces can be performed with various styles; therefore, I would like performers to challenge themselves by experimenting with many diverse genres. This will lead to further enjoyment while playing the Electone.
  • With orchestrations, the range of expression expands as the number of tones increase and the range of the musical piece becomes larger. However, there were some performances that needed more care with methods of expression when each tone was introduced. Performances would sound even better with more emphasis on the ratio of mixing string tones and the response of tunes through touches.
  • Some performers who were unable to display their color with free selection pieces better showed their potential with compulsory pieces.

(Other comments)

  • There were many performances that showed great improvement during the short period between the selection round.
  • I would like performers to consider how many other performances actually moved them, and to keep this in mind when listening to other performers or when going to concerts.

審査員

審査員長 小原 栄一 (ヤマハ音楽振興会 教育指導本部 本部長)
審査員 守屋純子(ジャズピアニスト、作・編曲家)
中川英二郎(ジャズトロンボーンプレイヤー)
村松崇継(作曲家、ピアニスト)
渡辺睦樹(エレクトーンプレイヤー)
尾野カオル(エレクトーンプレイヤー)
廣田奈緒子(エレクトーンプレイヤー)

トピックス