音楽がもたらす新しい可能性を追求する

日々、世界中で音楽に関する研究が行われ、新たな知見が生み出されています。音や音楽にかかわる研究は、音楽の歴史や理論を扱ったものをはじめ、心理学、社会学、音響学、近年では脳科学などとも結びついて、学際的な発展をみせています。また、「音」や「音楽」そのものを研究対象とする場合と、「音楽」が「ひと」に与える影響や「ひと」が「音楽」をどのように知覚するかといったような、「ひと」に焦点の当てたものにも分けることができます。

ヤマハ音楽研究所は、音楽といっそう真摯に、深く向き合っていくために、内外の専門家と協働して、音楽とひと、あるいは音楽と心や身体の関係をテーマとして研究活動を行っています。

音楽に関する研究活動

音楽が人間生活に果たす役割を明らかにすることを目指し、教育・心理・医学・工学など科学的な視点から音楽に関する研究を進めています。研究や調査で得られたデータを音楽教育の現場に還元しながら、研究報告をホームページに掲載し、多くの方々に広く提供しています。

研究機関との連携

研究者や研究機関との連携により、音楽に関するさまざまなテーマの研究に取り組み、研究の成果を社会に還元することを目指します。

所在地

〒153-8666 東京都目黒区下目黒3-24-22

最寄駅
JR山手線・東急目黒線・地下鉄三田線・南北線/目黒駅

目黒駅から徒歩でお越しの方
目黒通りをまっすぐ進み山手通りの交差点を渡ると左側に見えてきます。

  • 駅から徒歩約8分

目黒駅から東急バスでお越しの方
目黒駅下車、大岡山小学校前行バス停から2つめの停留所「大鳥神社前」下車(目の前です)

東急バス
  • 黒01、02、06、07、09
  • 渋41、72
  • 東98系統

沿革

1990年4月ヤマハ音楽振興会(東京都目黒区)に音楽研究所開設
2000年6月音楽研究所編著「音楽は子どもに何を与えられるか」刊行
2002年3月神奈川県川崎市中原区に移転
2003年2月シンポジウム「音楽と人間」開催(東京国際フォーラム)
2006年2月シンポジウム「音楽と人間とテクノロジー」開催(東京国際フォーラム)
2007年5月ヤマハ音楽研究所に名称変更
2007年6月ヤマハ音楽研究所研究発表会開催(目黒事業所)
2008年3月ヤマハ音楽研究所研究発表会開催(目黒事業所)
2008年8月音楽研究所主催セミナー「ママとパパのおんがく講座」開催(旧ヤマハ日吉センター)
2009年3月ヤマハ音楽振興会目黒事業所(東京都目黒区)に移転
2009年6月ヤマハ音楽研究所研究発表会開催(目黒事業所)
2011年6月音楽の科学研究会 特別講演「ピアノ演奏者の心と身体を考える」共催
2013年6月音楽研究情報Webサイト「ON-KEN SCOPE -音楽×研究-」開設