• LINEで送る

音楽教育 「アンサンブルフェスティバル2016」(大阪)

2016.08.09
eyecatchメイン

近畿・中四国地区のヤマハ大人の音楽レッスン管楽器・弦楽器コース在籍生によるイベント「アンサンブルフェスティバル2016」を、2016年7月16日(土)メルパルクOSAKA(大阪府大阪市)にて開催しました。関西では3年に一度開催しており、3回目を迎える今年度は全10グループ、総勢400名の方々が参加されました。

 

popstringsPopsST_A1
ポップスストリングスA

昼の部は「管弦楽アンサンブル」のフルート、クラリネット、バイオリン、チェロの皆さんによる『「管弦楽組曲第2番」より』と『サウンド・オブ・ミュージック』でにぎやかに幕を開けました。
続く「ビッグバンド」による軽快な曲や、バイオリンとチェロによる「ポップスストリングス」が『糸』などを披露し、聴く人の心を魅了しました。

synphoシンフォニックオケ
シンフォニックオーケストラ

夜の部では、約40名からなる「フルートアンサンブル」による『ガーシュイン ラプソディー』や、同じく約40名からなる「サックスアンサンブル」による『BRAZIL』『スイングしなけりゃ意味ないね』では観客からの手拍子もあり、会場全体がなごやかな雰囲気に包まれました。
そして、イベントの最後を飾ったのは「シンフォニックオーケストラ」。『主よ人の望みの喜びよ』『行進曲「威風堂々」第1番』の2曲を披露し、聴く人も演奏する人もともにオーケストラの醍醐味を感じることができました。

popstringsPopsST_B
 ポップスストリングスB

昼の部5グループ・夜の部5グループの演奏を終え、出演された皆様からは「ステージに上がる楽しさ、アンサンブルで曲が仕上がっていく楽しさを味わうことができた」「次回もぜひ参加したい」「毎年開催して欲しい」など、数多くのメッセージをいただきました。
普段の喧騒を忘れて、クラシックからジャズ、ポピュラーまで、様々なアンサンブルのステージを心ゆくまでお楽しみいただくことができました。

ページの先頭へ