YECとは

1959年に誕生し、それまでの楽器の音色や音域をはるかに超えた豊かな表現力を持つ鍵盤楽器として広く世界の音楽愛好家に支持されているエレクトーン。そのエレクトーンによる新たな音楽の創造を目指して、エレクトーンコンクールは1964年にスタートしました。50年以上の歴史を重ねる中から、数多くの音楽家、演奏家が育ち、さまざまな音楽シーンにおいて幅広く活躍しています。

ヤマハエレクトーンコンクール(YEC)は、「多くの聴衆に感動を与え、心に残る個性的なエレクトーン楽曲や演奏を披露する場」として、また「エレクトーン演奏力、音楽力向上を目的としたコンクール」として開催いたします。
小学生低学年部門、小学生高学年部門、中学生部門、一般部門の4つの部門で展開し、全国7エリアで実施する「ファイナリスト選考会」を通過した国内出場者に海外からのエントリーを加えて、最終ステージ「ファイナル」を実施いたします。

個性的で魅力にあふれ、聴衆に感動をもたらす新たなエレクトーン音楽の誕生に、ぜひご注目ください!

展開概要(YEC2018の流れ)

ポイント

  • 4部門(小学生低学年、小学生高学年、中学生、一般)での展開とし、エレクトーンフェスティバル(EF)ソロ演奏部門特約店大会からの参加を基本とする。
    • EFソロ演奏部門地区ファイナル金賞受賞者にファイナリスト選考会(全国7エリアで開催)出場権を付与(出場は任意)
    • 一般部門でEF参加資格の無い方(エレクトーン指導者、演奏家等プロの方および特約店在籍生※1以外の方)は審査会からの参加とする。
    • ※1特約店在籍生とは、特約店所属の講師(システム・jet・自店)から継続したレッスンを受けている生徒を指す。
  • ファイナリスト選考会(全国7エリア)にて、各エリアよりファイナリストを選出。自由曲(一般部門はオリジナル曲またはオリジナルアレンジ曲※2)においては、ファイナリスト選考会(一般部門審査会)からファイナルまで同一曲の演奏を基本とする。出場者が1曲に注力することにより、個性あふれ聴衆に感動をもたらすエレクトーン楽曲や演奏の創出を促す。
    • ※2オリジナルアレンジ曲とは、演奏者自身が既成曲をアレンジした楽曲(CD等の音源やオーケストラスコアからのアレンジも含む)。

YECとは

YECの開催趣旨、2018年の展開概要をご案内します。

コンクールのあゆみ

エレクトーンコンクールの歴史をご紹介します。

過去の動画

過去の受賞者・ファイナリストの演奏動画をご覧いただけます。

お知らせ

  • エレクトーンフェスティバル2018