In Memory of Rocky

曲名/Song Title

In Memory of Rocky

作曲者/Composer(年齢/age)

カイリー シェイ スミス/Kylie Shea Smith(13)[ピアノ/Piano]

演奏形態/Performance Styles

アンサンブル/Ensemble

共演者/Co-performer

ブライアン C. ウィルソン/Brian C. Wilson [ユーフォニアム/Euphonium]

在住地/Area

アメリカ/U.S.A

コメント/Comment

洗礼上の父母が飼っていた犬のロッキーに、私の曲を捧げます。ロッキーが亡くなったときはとても辛かったので、この曲を作って追悼することにしました。仔犬の頃から病気でなくなるまで精一杯幸せに生きたロッキーの特に大切な瞬間を表現しました。この曲の最後の部分は、虹の橋を表しています。橋を渡ってロッキーが家族に再会するまで、そこで遊んだり走り回ったりするのでしょう。ユーフォニアムを選んだのは、その深く、豊かで暖かい音色が、この曲で私が伝えたかった気持ちのいろいろな面に、ぴったりと合っているからです。

My composition is a musical tribute to Rocky, who was my Godparents' dog. It was difficult for me when Rocky died, so I decided to compose this piece to honor his memory. I tried to capture the prominent moments in his life from when he was a puppy, his full happy life until when he got sick and his eventual passing. The last section of the piece describes the Rainbow Bridge, where Rocky will play and frolic until he is reunited with his family when he crosses it. I chose the euphonium because of its deep, rich and warm sound which perfectly matches the character of all the emotions I wanted to convey in this piece.

  • 年齢は収録時点のものです。