Bravura

曲名/Song Title

Bravura

作曲者/Composer(年齢/age)

フィオナ ナタリー サンジャヤ/Viona Natalie Sanjaya(15)[ピアノ/Piano]

演奏形態/Performance Styles

アンサンブル/Ensemble

共演者/Co-performer

ムーティア アスカ ファラハ/Meutia Azka Fallaha(19) [アコーディオン/Accordion]
リオ マヌエル/Rio Manuel(17) [パーカッション/Percussion]

在住地/Area

インドネシア/Indonesia

コメント/Comment

“Bravura”とは、華やかな華麗なスタイルで卓越した俊敏性と高い技術を要求される音楽的パッセージ、という意味です。今年は、そのような複雑な曲を作るため自分自身、新しいことに挑戦しました。去年ヨーロッパに行った時に、ホテルに帰る途中で聞いた曲からインスピレーションが沸きました。それはとても興味深く魅力的でした。ホテルに戻ってから、私はメロディーを作り、それを私のスマートフォンに録音しました。この曲を私が演奏して楽しむのと同じくらい楽しんで頂ければ幸いです。

The Definition of “Bravura” is a musical passage requiring exceptional agility and technical skill in execution with a florid brilliant style and shown daringly.
This year, I am trying something new by challenging myself to compose such intricate song.
The inspiration came from a song that I heard when I went to Europe last year on the way back to my hotel. It was very interesting and fascinating.
So after arriving at my hotel, I made the melody in my mind and recorded it in my phone, I hope you can enjoy this song as much as I enjoy playing this piece.

  • 年齢は収録時点のものです。