ヤマハ音楽教室

システム講師募集

Special Interview

小杉亜未さん

Special Interview 小杉亜未さん

Profile

東京都在住。3歳からヤマハでエレクトーンを学び、音楽大学を卒業後、システム講師となる。現在、1歳から中学生までの各コースを担当し、週5~6日、稼働している。

“好き”を仕事にできる幸せ。
音楽に携われて、毎日が楽しい。

小杉亜未さん

進路の選択を控え、再認識した
「エレクトーンが好き」という気持ち。

私は3歳からエレクトーンを習い、ずっと続けてきましたが、実は、大学進学を考える前までは「やらされている」という気持ちでいっぱいでした。やめたい、と思ったことも一度や二度ではありません。でも、大学への進路を模索する中で、エレクトーンと関係のない道を想定してみたら、離れたくない、と切実に思いました。エレクトーンが生活の一部となっていて、それのない人生を想像できなかったのです。

多くの生徒を教えられるのが、
「システム講師」の魅力。

エレクトーンへの想いを再認識した私は音楽の道へ進むことを決意し、音大へ入学。大学で学ぶうち、もともと子どもが好きだったこともあり、子どもたちに音楽を教える仕事に就きたいと思うようになりました。私自身もヤマハ音楽教室で育ったのですが、「システム講師」という職業に目を向けた最初のきっかけは、大学構内で配布されていたパンフレット。おおぜいの子どもたちに音楽の楽しさを伝える仕事内容に惹かれ、新卒でシステム講師となりました。今では教える側の気持ちや苦労を理解できるようになり、幼少時から私を支え続けてくれた両親、力強くリードしてくれた先生への感謝は深まるばかり。音楽に携わり続けられる喜びをかみしめる毎日です。

小杉亜未さん
小杉亜未さん

成長する子どもたちの姿が輝かしい。
毎日が感動の連続です。

この仕事の最大の魅力は、日々、子どもたちの進歩を見られること。最初は何もできない子どもたちが、揃って同じリズムをたたけるようになり、音階を覚え、やがて一曲を通して一人で弾けるようになる。目に見えて成長していく姿は頼もしく、「ヤマハ楽しい! 先生が大好き!」とまっすぐ飛び込んできてくれる様子に心を打たれます。音楽を身につけられるよう指導しているのですから、できることが増えていくのは当たり前のことなのかもしれませんが、一人ひとりにとっては、どんな小さな進歩でもかけがえのないこと。少しずつ力が定着していく様子を目の当たりにすると、3年経った今でも、毎回、感動しています。

小杉亜未さん

ライフサイクルの変化に合わせながら
末長く続けていきたい。

音楽の習熟は、家庭での復習も大切です。子どもたちがおうちでも練習できるよう、指導に工夫を凝らしたり、保護者の協力を得られるよう働きかけたりしています。サポートのシステムが整っているため、指導上の課題や弱点を克服しながら講師も成長していけるのが心強い点です。講師用のネットコンテンツも充実し、レッスンのお手本や先輩のインタビューは、いつでも視聴可能。新しいコースを受け持つ際は、何度も見直し、レッスンへ反映しています。この仕事は、ライフサイクルに合わせて稼働を調整しながら続けられるのが利点。将来、結婚・出産を経ても絶対に続けていこうと心に決めています。

小杉亜未さん
資料請求・説明会予約はこちら