第3回 ヤマハジュニアピアノコンクール

第3回大会受賞者対象 特別レッスンレポート

2018年7月に開催された「第3回ヤマハジュニアピアノコンクール グランドファイナル」で第1位~第3位を受賞された9名の方々を対象に、副賞となる「ピアノ特別レッスン」が2回にわたり実施されました。

まず、2018年12月26日~27日に、大阪・ヤマハなんばセンターおよび東京・ヤマハ音楽振興会本部スタジオにて、当コンクールのグランドファイナルで審査員を務められた、パスカル・ドゥヴァイヨン先生(ピアニスト、英国王立音楽院客員教授)による特別レッスンが実施されました。

そして、2019年3月16日~17日、23日~24日には、同じくヤマハ音楽振興会本部スタジオおよびヤマハ東山センターにて、ヤコブ・ロイシュナー先生(ケルン音楽大学教授、デトモルト音楽大学教授)を招聘した特別レッスンも行われました。

また、2019年5月には、フランス・パリにあるヤマハフランス支店にて、「ヤマハグローバルマスタークラスプログラム」が実施されました。これは、将来を嘱望されている国内外の若手ピアニストを対象としたプログラムです。日本からだけでなくヨーロッパやロシアからも受講者が集い、当コンクールからは、D部門で第2位を受賞された松岡侑さんが参加。パリ高等音楽院で指導にあたり、国際ピアノコンクールの審査員も数多く務められている、ミシェル・ベロフ先生のレッスンを受講されました。

『今回初めてのフランスで、ミシェル・ベロフ先生のレッスンを受講させていただきました。
私は緊張のあまり、良い演奏は出来ませんでしたが、先生は丁寧に分かりやすく熱心に指導してくださいました。
他の受講者の方も素晴らしい方ばかりで、皆さんからも学ぶ事が沢山あり、勉強になりました。
最終日には皆さんとパリを観光し、エッフェル塔や凱旋門などを間近で見る事ができ、良い思い出になりました。
今回の貴重な経験を活かして、更に勉強していきたいと思います。』と松岡さん。

世界的ピアニストによるマンツーマンのレッスンを受講されたみなさんにとって、これらの経験は、これからの学習の大きな刺激となったことでしょう。
これからの、ますますの活躍を期待しています!