ホーム > 音楽支援事業 > ヤマハ音楽支援制度について

ヤマハ音楽支援制度について

設立の趣旨

ヤマハ音楽振興会の活動の中で、音楽文化の向上に寄与する支援活動は、主要な事業のひとつとして位置づけられています。

1988年の一般音楽学生に対する奨学金制度の設立をはじめとして、支援活動を行ってまいりましたが、より幅広く様々な分野の人々に支援の手を広げるため、1999年より「ヤマハ音楽支援制度」を設けました。

これは支援を通し、優れた音楽の才能を育むことや、音・音楽に係る様々な科学領域の学術を育むこと、音楽活動を通して地域社会への貢献を目指すことなど、優秀で意欲的な音楽学生、社会人、音楽家や研究者の方々の音楽活動や研究活動の充実に役立てていただけることをねらいとするものです。

ヤマハ音楽振興会は、この活動を通して、日本及び諸外国の音楽文化の一層の発展に貢献することを願っています。

ヤマハ音楽支援制度の概要

支援項目 内容
音楽奨学支援 優れた音楽能力を有し、将来音楽分野で活躍が期待できる若手音楽家への支援(13歳以上~25歳以下)
音楽活動支援 演奏の場の提供を通した、将来活躍が期待できる若手音楽家への支援
研究活動支援 音楽分野を科学的視点で取り組み、音楽教育や音楽文化の向上・活性化に貢献する研究テーマを持つ研究活動・研究者への支援
地域音楽活動支援 演奏活動や創作活動を地域への音楽普及や音楽文化向上の視点で取り組み、成果を上げている音楽グループ、または団体への支援

音楽支援事業

ページの先頭へ