ヤマハ音楽教室

子どもたちの豊かな創造性をのびやかに育む

ヤマハ音楽教室では、1. 総合音楽教育、2. 適期教育、3. グループレッスンの3つを柱とする考え方で、子どもたちの音楽性を育んでいます。

ヤマハ音楽教室の特長

1. 総合音楽教育

「きく」「うたう」「ひく」「よむ」「つくる」といった要素を総合的に学ぶことは、音楽を楽しむための重要なポイントです。ヤマハでは鍵盤楽器を教具として、弾くための技術指導に偏ることなく、音楽を多面的にとらえる学習を通して、子どもたち自らが感受性や想像力を働かせて豊かな創造性を発揮できる能力を育んでいます。

2. 適期教育

子どもが自然に音楽に親しみ、無理なく吸収していくには、それぞれの子どもの身体的・精神的な発達に応じて、その時期に最もふさわしい教育を受けることが大切であると、ヤマハは考えています。特に聴覚の発達する幼児期には指導方法として「きく」ことを重視し、楽しみながら音感や基礎的音楽力を身につけさせることで、それ以降、子どもたちは音楽で自分を表現することへの意欲や興味をふくらませていきます。

3. グループレッスン

仲間との関わりの中で音楽を学ぶことでより大きな喜びを分かち合うことができます。アンサンブルによって音楽の総合的な理解が深まり、豊かな音楽体験が可能となることや、レッスンの中で友だちができ、音楽を通して社会性や協調性が身につくことなど、幼児・児童の心を育みながら成長を促すことのできる最も効果的な指導形態と考えられます。

Web広報誌ymf関連記事