まちかどエクササイズ

御浜・紀宝プロジェクトについて
御浜・紀宝プロジェクトについて
三重県で始まり、数々実証。
TOP >まちかどエクササイズとは>御浜・紀宝プロジェクトについて

三重県の御浜町と紀宝町は、紀伊半島の南端に位置し、高齢者人口は30%を越え、“20年後の日本を予見させる”といわれている地域です。このプロジェクトでは、御浜町と紀宝町の65歳以上の高齢者を3つにグルーピング。

三重県・御浜・紀宝

<第1群>

※第2群は2012年4月~2013年3月にて実施

対象

65 歳以上、健常者

グループ分け

音楽体操群40名/体操群(音楽なし)40名/脳検査群39名

期間

御浜町 2011年10月~2012年9月
紀宝町 2011年11月~2012年10月

実施頻度・時間

月3~4回、1回60分 年間39回

実施場所

三重県御浜町、同紀宝町

検査内容

頭部MRI/心理検査:知能、記憶、構成、前頭葉機能/血液検査:全血球算定(CBC)、一般生化学/生理検査:心電図、呼吸機能

検査場所

紀南病院(三重県御浜町)

研究内容

健康な高齢者(65歳以上)を音楽体操群(運動+音楽)、体操群(運動のみ)、脳検査群(検査のみ)の3グループに分けて、それぞれ実施前後に上記検査を実施し、運動+音楽の認知機能に対する効果を検証しました。

 

各種検査

 

認知機能改善には「音楽体操」。

今回の実証実験の結果、視空間認知や全般性知能、精神運動速度など複数の項目で、音楽と運動を組み合わせた「音楽体操群」が、「体操群」や「脳検査群」よりも、明らかに良い結果を示しました。健常高齢者の認知機能の維持・改善に、音楽体操が有効であることが分かったのです。既に証明されている<運動>に、<適切な音楽伴奏>が加わったことにより、さらに認知機能への改善効果が高まったことを示しています。

プログラム実施の様子1

プログラム実施の様子

プログラム実施の様子2

 

音楽と体操の組み合わせは有効な手段。

プロジェクトリーダーの三重大学医学部大学院医学系研究科の佐藤正之准教授は語ります。「今回の実験で注目すべき点は、音楽体操群が視空間認知が有意に改善していたことです。実験に活用したヤマハのプログラムは、体操の内容と音楽伴奏が一体化した非常に良いコンテンツです。認知症患者の増加は、国家の喫緊の問題です。治療とともに予防が大切であることは論をまちません」。

 

全般性知能

全般性知能

「MMSE」とは、見当識、記憶力、計算力、言語能力、図形認知などを検査する知能検査。音楽体操群のみ有意に向上。

視空間認知

視空間認知

「視空間認知検査」とは、物体が三次元空間に占める位置や運動方向、相互関係を把握・認識する能力の検査。音楽体操群が特に有意に向上。

精神運動速度

精神運動速度

「RCPM」とは、非言語性の知能検査で、その施行時間は頭の回転の速さを表す。音楽体操群と体操群がともに有意に向上。

※データは第1群での比較

 

 

根拠のないものは意味がない。

さらに、佐藤正之准教授は「"○○をすれば認知症が防げる"といった根拠に基づかないキャッチフレーズが巷にあふれる昨今、医学的・科学的にみて妥当な方法を市民に伝えることは、われわれ医師の務めでもあります。そのひとつの有効な手段として、体操と音楽の組み合わせに、今後とも注目していきたいと思います」と述べています。