募集要項

2019年度ヤマハ音楽教育システム講師資格取得試験より、A日程/B日程スケジュールを一本化いたします。

従来、B日程のみ実施しておりました、北海道エリア、東北エリア、九州エリアにつきましても、上記日程となりますので、ご注意ください。
ご応募をご検討の際は、応募日程をご確認の上、お申し込みください。

主な変更点は以下の通りです。

  • 全国どこの会場でも受験可能となりました。
  • 稼働希望エリアが最大2エリアまで選択できるようになりました。
  • 応募書類提出期限は、試験エントリーと同じです。ご注意ください。

求める人材

  • 心身ともに健康、明朗活発な方で、音楽指導に熱意のある方。
  • 社会人として良識のある対応ができる方。
  • ヤマハ音楽教育理念や指導方針を十分理解し、それに則った指導をしていただける方。
  • 音楽の専門家であると共に、教育者としての力量及び見識を兼ね備えている方。
  • 絶えず自己向上を図るための努力ができる方。

応募条件

高校卒業以上で、卒業後にシステム講師を志望される方。(新卒・既卒、性別は問いません。)

  • 原則として2018年4月30日現在19歳以上の方(生年月日が1999年4月30日以降の方)

既卒の方についての応募資格に関する補足事項

以下を審査項目に加え書類審査を行います。

  1. 音楽力に関する自己研鑽の状況
  2. 卒業後のキャリア

また、2018年4月30日現在29歳以上の場合は、稼働後に適用されるヤマハ講師ライセンス制度に照らし、上記審査項目1. 2. について次の要件を付加します。

  1. 「音楽力に関する自己研鑽の状況」に付加される要件

    ピアノまたはエレクトーン演奏グレード4級、および指導グレード4級以上を取得していること(応募時点)

    • 4級より上位のグレードを取得している場合や、海外留学、コンクール受賞歴等に実績があり高い音楽力が認められる場合は更にプラス評価します。
  2. 「卒業後のキャリア」に付加される要件
    • a.合唱、合奏等の音楽団体、学校、音楽教室(個人レッスン含む)等において指導経験がある
    • b.ヤマハ音楽教室システム講師として3年以上の稼働経験がある

    a. またはb. のいずれかのキャリアを有していること。

応募期間・方法

Webエントリー

2018年2月1日(木)11:00~ 4月2日(月)23:59

i-webマイページ
https://mypage.111.i-web.jpn.com/yamaha-mf/
(マイページへの登録が必要です)
  • 異なる地域で複数回受験することはできません。
  • 会場の詳細は、受験票送付時にご案内いたします。
  • 目黒センターは、試験日の特定はできません。
書類提出

2018年2月1日(木)~4月2日(月)必着

ご用意頂く書類
  • 志望動機フォーム(指定フォームによる直筆)
  • 学業成績証明書(原本1通)
  • ヤマハグレード結果通知書(コピー1通:該当者のみ)
  • 音楽検定合格書(コピー1通:該当者のみ)
書類提出先

〒153-8666 東京都目黒区下目黒3-24-22
一般財団法人ヤマハ音楽振興会
指導企画グループ内 システム講師募集担当

  • 書類送付の際の封筒・送料は、応募者様にてご準備ください。

提出書類について

志望動機フォーム 資料請求にてお求めください。
学業成績証明書 2019年3月卒業見込みの方は現時点での成績証明書(卒業見込証明書ではありません)。
既卒の方は最終卒業学校のものをご提出ください。
ヤマハグレード
結果通知書
5~2級を取得(合格)している方はご提出ください。結果通知書紛失の場合は合格証書または合格証明書のコピーでも可。
音楽検定合格書 3級以上洋楽系を取得している方はご提出ください。

選考スケジュール

  1. 1

    応募

    Webエントリー
    2018年2月1日(木)11:00~ 4月2日(月)23:59

    書類提出
    2018年2月1日(木)~4月2日(月)必着

  2. 2

    書類選考

    通過者には、受験票発送および適性検査Web受検のお知らせをいたします。

  3. 3

    適性検査

    試験前の当方指定期間に適性検査をWeb受検いただきます。

  4. 4

    試験(実技・面接)

    2018年5月27日(日)
    会場

    ヤマハミュージックリテイリング仙台店 仙台センター
    ヤマハ目黒センター
    ヤマハ東山センター
    ヤマハ西新センター

    2018年6月3日(日)
    会場

    ヤマハミュージックリテイリング札幌店 札幌センター
    ヤマハ目黒センター
    ヤマハなんばセンター

    • 目黒センターは、試験日の特定はできません。
  5. 5

    結果通知

    2018年6月下旬(Web通知)

試験内容

*は必須科目

試験科目 試験内容
適性検査* Web受検(30~60分)
筆記 一般常識* 課題例程度のものを出題する。 マークシート(30分)
聴音 ヤマハ音楽能力検定5級程度のものを出題する。
(メロディー、コードネームまたは和音記号、低音を解答する)
記述(15分)
楽典 ヤマハ音楽能力検定5級程度のものを出題する。
(音楽常識を含む)
マークシート(30分)
実技 自由曲(1曲)* 自己が専攻と認め、演奏能力を十分に発揮できる楽器(ピアノ、エレクトーン、管弦打楽器)の演奏、または声楽曲の歌唱。
  • 器楽を選択された場合、必ずWebエントリー時に楽器名をご記入ください。
  • 打楽器での受験はマリンバのみとします。(試験会場によって楽器の音域が異なりますので、事前に指導企画グループ内 システム講師募集担当へお問合せください。機種、音域によってはご自身の楽器をお持ちいただく場合があります。)
  • 伴奏者が必要な場合は各自でご手配の上、試験当日にご同伴ください。(伴奏はピアノまたはエレクトーンのいずれか1台)
演奏課題曲(1曲) ピアノまたはエレクトーンの課題曲の中から1曲を用意し、演奏する。
弾きうたい
課題曲(1曲)*
課題曲「くるくるぽつん」を弾きうたいする。
伴奏はピアノまたはエレクトーンで行う。
初見演奏 ヤマハ音楽能力検定5級程度のものを出題する。
(ピアノまたはエレクトーンで演奏)
伴奏づけ ヤマハ音楽能力検定5級程度のものを出題する。
(ピアノを使用)
メロディー視唱 ヤマハ音楽能力検定5級程度のものを出題する。
面接* 試験当日までに回収した書類・情報に基づいて実施する。
  • 講師資格取得試験は「ヤマハ音楽能力検定(ヤマハグレード)」に即して試験問題が作成されているため、「5級程度」といった表現で難易度を示しています。ホームページに掲載されている課題例をご参照いただくか、グレード試験問題一覧(ヤマハ特約楽器店などで販売)をご参照ください。

注意事項

  • 自由曲・課題曲でエレクトーンを使用する場合の機種は「ELS-01C(STAGEA カスタムモデル)」または「ELS-02C(STAGEA カスタムモデル/ELS-01Cにバイタラズユニット装着によるバージョンアップ機種の可能性もあり)」です。
  • 「ELS-01C」「ELS-02C」で使用可能なメディア(ストレージ)は、USBフラッシュメモリーのみとなっております。
  • 「ELS-01C」「ELS-02C」のMDR機能で演奏情報を用いることはできません。
  • 自由曲をピアノ、課題曲をエレクトーン(もしくはその逆)といった併用は可能です。
  • 自由曲、課題曲はいずれも暗譜による演奏を推奨します。楽譜を見て演奏する場合も、譜めくり者の同伴は不可とします。また、試験室での譜めくりの依頼は受け付けませんので、各自で工夫してください。当日の譜面台はこちらでご用意します。

実技試験課題曲

ピアノ演奏課題曲

曲目 作曲者 出典
舞曲 原田 靖子 「ピアノメトードオリジナル編 5級 vol.1」(改訂版)
(ヤマハ音楽振興会出版 注文番号TGPMO51N)
スケートリンクの女王 辻 利恵 「ピアノメトードオリジナル編 5級 vol.2」(改訂版)
(ヤマハ音楽振興会出版 注文番号TGPMO52N)
タランテラ 松下 祐花 「ピアノメトードオリジナル編 5級 vol.3」
(ヤマハ音楽振興会出版 注文番号TGT137090)
あやつり人形 生末 直美 「ピアノメトードオリジナル編 4~3級 vol.1」(改訂版)
(ヤマハ音楽振興会出版 注文番号GTG137271)
Autumn Ballade 水戸 博之 「ピアノメトードオリジナル編 4~3級 vol.4」
(ヤマハ音楽振興会出版 注文番号TGT137300)

エレクトーン演奏課題曲

曲目 作曲者 出典
ソナタ 山田 真紀 「エレクトーンオリジナル曲集 5級 1巻」
(ヤマハ音楽振興会出版 注文番号TGT137360)
しあわせ色の雨物語 井出 美紀子 「エレクトーンオリジナル曲集 5級 2巻」
(ヤマハ音楽振興会出版 注文番号TGT137370)
動物村の運動会 神本 真理
星に踊る天使たち 中嶋 香子 「エレクトーンオリジナル曲集 4・3級 1巻」
(ヤマハ音楽振興会出版 注文番号TGT137380)
草原の風をあなたに 谷村 敬子

弾きうたい課題曲

曲目
くるくるぽつん 資料請求にてお求めください。

課題例

講師資格取得試験 課題例 2019年度 PDFファイル

講師資格取得試験の課題例(筆記試験・実技試験)は課題例アイコンよりご確認いただけます。

免除科目

「ヤマハグレード」5級以上取得者、及び「音楽検定」3級以上洋楽系取得者は、試験科目が一部免除となります。

  • ヤマハグレード5級取得者については、取得後5年以内の者(2013年5月1日以降に受験)が免除の対象となります。
  • 「ヤマハグレード結果通知書」及び「音楽検定合格書」のコピーを用意できない場合は、免除の対象外となります。
  • 応募受付締切後にヤマハグレード5~2級を取得した場合は、各試験日の10日前までに指導企画グループ内 システム講師募集担当へその旨連絡があり、試験当日に結果通知書コピーを提出した方のみ変更内容を受付いたします。

お問い合わせ

システム講師募集担当
Tel:03-5773-0819 
E-mail:mf-y-kobo-CMB@music.yamaha.com
受付時間:平日 10:00~12:00、13:00~16:00
ヤマハグレード 音楽検定(※) 左記以外
「ピアノまたは
エレクトーン演奏グレード」
「指導グレード」
ともに5級以上取得者
「指導グレード」
5級以上取得者
3級以上
洋楽系取得者
適性検査 あり あり あり あり
筆記 一般常識 あり あり あり あり
聴音 免除 免除 あり あり
楽典 免除 免除 免除 あり
実技 自由曲 あり あり あり あり
課題曲 免除 あり あり あり
弾きうたい
課題曲
あり あり あり あり
初見演奏 免除 あり あり あり
伴奏づけ 免除 あり あり あり
メロディー視唱 免除 あり あり あり
面接 あり あり あり あり

ヤマハグレードについて

ヤマハグレードは(正式名称:ヤマハ音楽能力検定制度)は、音楽を学ぶ生徒や指導者が、自分の力を確かめながら総合的な音楽力を身につけ、楽しみながら創造的で豊かな音楽表現意取り組むことを目的としたものです。特に指導者を目指す方は、演奏グレード5~3級、指導グレード5~3級を早めに取得することを目指してください。

ヤマハグレードについて

  • (※)音楽検定とは、公益財団法人音楽文化創造の主催により、2001年にスタートした検定です(現在休止中)。ジャンルを問わず幅広く音楽的な感性、音楽能力、音楽知識等について評価されるものです。詳しくは公益財団法人音楽文化創造のホームページなどをご参照ください。

募集エリア

(2017年12月1日現在)

北海道エリア(北海道) 募集あり 東北エリア(青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島) 募集あり 首都圏関東甲信越エリア(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・新潟・長野・山梨) 募集あり 東海エリア(愛知・岐阜・三重・静岡) 募集あり 近畿中四国北陸エリア(大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫・鳥取・岡山・広島・山口・島根・香川・徳島・愛媛・高知・福井・石川・富山) 募集あり 九州エリア(福岡・長崎・佐賀・熊本・大分・宮崎・鹿児島) 募集あり 沖縄エリア(沖縄) 募集あり

北海道エリア 北海道
東北エリア 青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島
首都圏関東甲信越エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・新潟・長野・山梨
東海エリア 愛知・岐阜・三重・静岡
近畿中四国北陸エリア 大阪・京都・滋賀・奈良・和歌山・兵庫・鳥取・岡山・広島・山口・島根・香川・徳島・愛媛・高知・福井・石川・富山
九州エリア 福岡・長崎・佐賀・熊本・大分・宮崎・鹿児島
沖縄エリア 沖縄

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
Adobe Reader のダウンロードはこちら新しいウィンドウで開く