ホーム > 音楽支援事業 > 研究活動支援 > 研究活動支援 支援対象者一覧

研究活動支援 支援対象者一覧

音楽を科学的あるいは社会学的視点から考察した研究への支援である「研究活動支援」は、物理学や医学等、応募者の専門分野も多岐に亘り、毎年バラエティに富んだテーマが寄せられますが、その中でも特に個性的で新しい研究が選ばれております。

2016年度

氏名 テーマ(研究内容)
本間 裕大 大規模コンペティションデータを活用した現代ピアノ
教育にみる文化資本と階層化の数理的追求
[共同研究者:有末 賢、本間 千尋]
山本 誠一 テンポ変化の認識およびテンポ変化が聴き手に与える
印象に関する研究
[共同研究者:柳田 益造、馬田 一郎]

2015年度

氏名 テーマ(研究内容)
古屋 晋一 超絶技巧を生み出す運動技能の解明
井原 泰雄 琉球列島における民謡の文化進化
[共同研究者:西川 有理]

2014年度

氏名 テーマ(研究内容)
田中 有紀 前近代中国における十二平均律の受容
−清朝儒家の朱載堉評価をめぐって−
阪口 豊 楽音において身体性がもたらす効果の解析と理解
松井 淑恵 演奏における視覚入力・聴覚入力の優先性
−個人差とその要因の実態調査−
[共同研究者:饗庭 絵里子]

2013年度

氏名 テーマ(研究内容)
松﨑 真実 幼児の歌記憶に音楽要素が与える影響 脳波PSD法による検討
[共同研究者:榊原 洋一]
嶋田 由美 保育者の歌声に求められる「声質」に関する実験的研究
[共同研究者:小川 容子、志民 一成]

2012年度

氏名 テーマ(研究内容)
工藤 和俊 非線形力学系アプローチを用いた複雑な手指運動のコーディネーション解析
山根 直人 乳児の歌唱聴取における脳反応とその発達

2011年度

氏名 テーマ(研究内容)
沖田 孝一 神経成長因子からみた楽器演奏が脳機能に与える影響
古川 優貴 文化的・身体的差異を超えた音楽経験の人類学的研究

2010年度

氏名 テーマ(研究内容)
水村(久埜)真由美 音楽が身体表現の動作特性に与える教育・芸術学的意義
[共同研究者:吉田 康行、猪崎 弥生]
嶋田 容子 乳児の音声インタラクションにみる音楽の発達的分岐
中川 誠司 骨導超音波補聴器による和声知覚特性の解明
[共同研究者:神原 文]

2009年度

氏名 テーマ(研究内容)
佐野 明人 最新の触覚理論に基づくピアノ演奏技能の解明
[共同研究者:藤本 英雄、田中 由浩、石橋 良太]
飯田 順一郎 歯列矯正治療中の管楽器奏者にみられる吹きづらさと痛みに対するオーダーメードタイプのプロテクターの開発
[共同研究者:梶井 貴史、桜木 修]
河瀬 諭 音楽演奏中の視線行動に関する研究

2008年度

2008年度より、実際の研究期間を掲載年度とさせて頂きました。

氏名 テーマ(研究内容)
木下 博 バイオリン演奏中の左手指の力発揮とその音操作への関与について
[共同研究者:小幡 哲史]
中島 祥好 時間とリズムを紡ぐ脳
−MEG計測による時間とリズム知覚に関する心理生理学的研究−
[共同研究者:光藤 崇子、飛松 省三]
丸山 慎 音楽認知に内在する身体・運動性に関する研究
−乳幼児の音知覚の発達を中心にして−

2006年度

氏名 テーマ(研究内容)
西尾 芳文 自己組織化写像を用いた脳認識された音声の抽出アルゴリズムの開発
戸田 裕之 音響特性を制御できるユニークな材料の創製
辰己 丈夫 「音楽教育の情報化」と「情報教育の音楽化」
−音楽文化を広める情報教育を目指して−
岩坂 正和 音楽聴取時の集中・リラクゼーション評価のための脳血流時系列パターン解析

2005年度

氏名 テーマ(研究内容)
新山王 政和 異なる音色間で出現するピッチ知覚エラー(ピッチの錯覚)に関する実験的研究
鏑木 時彦 金管楽器の吹奏における声道の音響的役割について
上野 佳奈子 ステージ゛音響シミュレーションシステムを用いた練習室の音場支援ツールの開発
酒井 直隆 フォーカル・ジストニアの演奏家の脳活動−機能的MRIによる検討

2004年度

氏名 テーマ(研究内容)
齋藤 一雄 知的障害児のリズム同期と合奏指導のための教材開発研究
藤原 嘉文 電子オルガンの音響空間制御に関する検証と、それを生かした作曲・演奏表現の可能性についての研究
[共同研究者:吉原 太郎、山本 雅一]
秋山 佳代 音楽とアルコールの関係に関する神経科学的研究
[共同研究者:須藤 伝悦]

2003年度

氏名 テーマ(研究内容)
野村 泰朗 音楽リテラシーを積極的に活用していく態度を育む新しい楽器の開発
山口 昌樹 非侵襲生理計測による楽器演奏時の生理的多型モデルの構築
高田 艶子 痴呆性高齢者を対象とした音楽療法の効果の測定

2002年度

氏名 テーマ(研究内容)
海津 幸子 エレクトーンによるオペラ・アリアの伴奏のアレンジ研究と楽譜制作
小川 容子 読譜指導における移動ド・固定ド唱法に関する研究
[共同研究者:村尾 忠廣、北山 敦康]
玉川 裕夫 管楽器奏者のための口唇外傷予防用アダプタと口腔内気流ならびに音色との関連に関する研究
[共同研究者:野崎 一徳、堅田 千種、大星 直樹、戸田 直夫]

2001年度

氏名 テーマ(研究内容)
松谷 晃宏 バイオリン演奏技量と楽器および弦との相性に関する研究
緒方 啓一 高度・重度聴覚障害者の楽曲聴取に関する基礎的研究
[共同研究者:真鍋 淳、加藤 靖佳]
田中 章浩 音楽と言語の認知機構の共有に関する研究
[共同研究者:高野 陽太郎]

2000年度

氏名 テーマ(研究内容)
久保田 雅也 脳磁図を用いた絶対音感保持者の音楽および言語の認知過程の研究
[共同研究者:広瀬 宏之、榊原 洋一]
齋藤 忠彦 Webサイト「音楽教育ネット」のモデル開発とサーバー構築
[共同研究者:中島 卓郎、牛越 雅紀、今井 拓也]

1999年度

氏名 テーマ(研究内容)
深見 友紀子 音楽を機軸にしたマルチメディア表現活動の多面的研究
[共同研究者:牧野 一憲、松本 清]
植田 克己 ピアノ教育法の確立
[共同研究者:小澤 純、関根 俊子、二宮 洋、三谷 温]

音楽支援事業

ページの先頭へ