ずっと、音楽と一緒に。 ON-KEN SCOPE

ON-KEN SCOPE とは?

ずっと、音楽と一緒に。
ON-KEN SCOPE
  1. ホーム
  2. 子育て・教育
  3. 家庭で子どもの創造力を伸ばすには
子育て・教育
子どもたちの創造力を育てる場を多く生み出している石戸奈々子さんの活動を紹介する連載。第3回では、家庭で子どもの創造力を伸ばすために親が気をつけるべき点についてアドバイスいただきます。(聞き手:藤村美千穂)
連載
子どもの創造力を育てるには? -石戸奈々子さんの取り組みー

家庭で子どもの創造力を伸ばすには

親がファシリテーターに

――著書の『子どもの創造力スイッチ!』では、親が子どもの興味や主体性を引き出すための心得が多く書かれています。石戸さんもお子さんをお持ちですが、ご家庭でお子さんの創造力を伸ばすために意識されていることはありますか。

 

基本的な考え方はこれまでの話と同じで、大人の意向とは別に何を選択するかは子どもそれぞれなんですよね。なので、親が出来ることはなるべく多くの選択肢を用意してあげることだと思っています。出来るだけ色々な経験が出来る場に連れ出し、何を選ぶかを見守りたいですね。

――親としては、子どもが興味を持っていそうなものをうまく汲み取る力が必要ということですね。

 

子どもが何かに関心を持ったときに、一歩進んで「これもあるよ」「こっちもどう」という情報を提供してあげると、子どもたちはさらに次のステップに上がって興味を深掘りできます。しかし、親が何もかも知っていなくてはいけない、ということではありません。一緒に調べればいいんです。

もっと読む

子どもがデジタルとどう付き合うか

今後の予定

◇プロフィール

今後より一層内容の充実を図るため皆さまからのご意見・ご要望をお聞かせいただきたく、アンケートへのご協力をお願い申し上げます。(全12項目)
この記事をどのようにして見つけましたか?※必須

入力枠

この記事についての印象をお聞かせください。※必須
この記事の文字量はいかがでしたか?※必須
この記事は役に立ちましたか?※必須
この記事がご自身にとって何に役立つと思われますか?(複数回答可)※必須

入力枠

このサイトには何回訪問されましたか?
このサイトのご利用頻度をお聞かせください。
あなたの職業をお聞かせください。※必須

入力枠

あなたの年代をお聞かせください。
あなたの性別をお聞かせください。
興味をお持ちのテーマをお聞かせください。(複数回答可)

入力枠

この記事についてのご感想やご意見などご自由にお書きください。
ページトップへ