ずっと、音楽と一緒に。 ON-KEN SCOPE

ON-KEN SCOPE とは?

ずっと、音楽と一緒に。
ON-KEN SCOPE
  1. ホーム
  2. 子育て・教育
  3. 日本中の子どもをクリエイティブに!
子育て・教育

子どもは一日単位で出来ることがどんどん増えていきます。家庭でもあらゆる方向から娘の成長を支えたいと、積み木遊びや絵本の読み聞かせ、滑り台の練習、手遊び歌など試していますが、どうもワンパターンになりがち。親としては何をどう、どこまで手助けすればいいものかと悩みます。 そんな中、子どもたちの能力が思いっきり開花するような学びの場を数々生み出されている石戸奈々子さんを知り、是非その豊かな発想から子育てのヒントを伺いたいと考えました。(聞き手:藤村美千穂)

連載
子どもの創造力を育てるには? -石戸奈々子さんの取り組みー

日本中の子どもをクリエイティブに!

石戸奈々子さんの歩み

――石戸さんは子どもたちのための創造的な遊びと学びの場を提供するNPO法人CANVASを立ち上げておられますが、そのきっかけを教えてください。

東京大学工学部を卒業した後、マサチューセッツ工科大学のメディアラボに参画しました。「メディアラボ」は1985年の設立以来、デジタルの未来社会に対するビジョンを世界に対して打ち出し続けてきた研究機関です。ホログラフィー、ウェアラブルコンピューター、バーチャルリアリティ……今となっては身近な存在となったこれらの技術も、「メディアラボ」が生み出したものです。

また、「メディアラボ」は、テクノロジーと社会との接点を常に模索しているラボでもあります。「デジタルの恩恵を一番受けるのは途上国と子どもたちである」という考え方のもと、デジタルデバイドの解消やアフタースクールプログラムの提供など、現場の声を活かして技術的課題を解決しながら、思想と技術を普及させていく活動に熱心でした。メディアと子どもに関する研究所を作り、教育ツールや方法論の開発をしていたのですが、ICTによる子どもの学習、創造、表現という取組みは、日本の方が必要としているのではないかと考えるようになりました。

もっと読む

◇プロフィール

みなさまのお役に立つサイトにするため、アンケートにご協力お願いします。
Q. この記事についての印象をお聞かせください。
Q. この記事がご自身にとって何に役立つと思われますか?(複数回答可)
Q. この記事についてのご感想やご意見などご自由にお書きください。
ページトップへ